about

京都で呉服(着物・帯)に金箔を装飾する京友禅金彩工芸の職人をしています。
桃山・江戸時代に確立された金彩工芸は帯や着物に金箔を施す技術です。
金彩工芸の魅力は施された金箔紋様が光線や見る人の角度によって紋様が立体的に浮かび上がること。
この金箔の特徴と不思議な作用を存分に生かせるデザインを心がけシンプルながら神秘的な作品づくりをしています。
また異分野の職人・作家たちとのコラボレーションによってインテリア・バッグ・財布等、実用品にもその技術を生かした商品を作っています。

京都呉服金箔加工
二鶴工芸
上仲昭浩

1969 京都生まれ
   高校卒業後7年間金彩工芸士の元橋宏太郎に師事
   後、家業である呉服金箔加工 二鶴工芸に入社。
1998 京都府工芸技術コンクール 帯 裂取金唐革 入選
   新・京ものコンペティション テーブルセンター入選
1999 京都府工芸技術コンクール 帯 松皮取金唐革 入選
2000 京扇子図案コンクール 銅賞
2001 京扇子図案コンクール 銀賞
2002 扇子うちわFADC 入選
2003 京展 着物 満天 入選
2004 京展 着物 月影 入選
2006 京都デザイン優品 ショルダーバッグ入選
2008 京の若手職人 京もの認定工芸士
2015 H27年度 全国伝統的工芸品 公募展 作品展
   デニム製 角帯 七宝 入選
2016 京都府クラフト・コンペティション 審査員奨励賞 受賞
  竹節酒器セット(柴田恭久氏とのコラボ)

 
税込¥10,000以上の商品をご購入の場合は送料無料にさせていただきます。
私の動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=STSBImWAz9o

展示会の案内

京の名工展

京都府伝統産業優秀技術者の作品と京の若手職人「京もの認定工芸士」の作品の展示
会場:京都府京都文化博物館 5階
期日:10月11日(水)~15(日)
時間:AM10時~PM6時まで(最終日PM4時まで)
入場:無料

※各日、京の名工による列品解説や京の名工、京もの認定工芸士による制作実演・制作体験もあります。
※会場内では立命館大学茶道研究部による呈茶席を御用意しております(一席500円)
※着物を着用の方は各日先着20名様に呈茶券をプレゼントします。

京の若手職人「京もの認定工芸士」の作品展での出品です。
二鶴工芸 上仲昭浩

未来の伝統産業を担う若手職人の中でも特に技術に優れ、意欲あるものに京都府から授与される称号「京もの認定工芸士」

この「京もの認定工芸士」の称号を授与された若手職人から構成され、来年度からの発足を目指す職人集団『響』

『響』正式結成前のプレイベントとして今回『aeru gojo』様にて展示会を開催することになりました。

京もの認定工芸士/有志の会『響』展示会

    ~ひびきはじめ~


期間:10月7日(土)~10月20日(金)
場所:aeru gojo
〒600-8427 京都府京都市下京区下京区玉津島町298
松原通室町東入
時間:10:00~17:00 水曜定休日

トークショー
10月14日(土)18:30~19:30


ワークショップ
10月15日(日)
11:00~12:00
13:00~14:00
定員:5名様
費用:お一人様2,500円(税込)
講師:關  敬介 京仏具

漆で固めた蒔絵の研ぎと磨きの作業をして頂きます。
(研ぎ出し磨き技法)

お好みの色と蒔絵の絵柄が入ったコースターを一つ選んでもらい、漆で固めた蒔絵部分を砥いでピカピカにしていく内容になります。(水や磨き粉を使いますので、汚れてもよい格好できて下さい)
参加の申し込みはこちらへ
11:00~12:00
http://peatix.com/event/303185/view
13:00~14:00
http://peatix.com/event/303193/view


参加メンバー
上仲 昭浩 京友禅
横田 武裕 京友禅
佐藤 稚子 京友禅
上仲 正茂 京友禅
古橋 敏史 京友禅
平居 幹央 西陣織
山下 賢二 西陣織
岡山 高大 京焼・清水焼
並川 昌夫 京焼・清水焼
杉村 陽子 京焼・清水焼
關   敬介 京仏具
南篠 和哉 京仏具
藤澤 典史 京仏具