about

京都で呉服(着物・帯)に金箔を装飾する京友禅金彩工芸の職人をしています。
桃山・江戸時代に確立された金彩工芸(印金)は帯や着物など布に金箔を施す技術です。
金彩工芸の魅力は施された金箔紋様が平面でありながら光線や見る角度によって表情が変化する。
この金箔の特徴と不思議な作用を生かし、シンプルながら神秘的な要素のある作品づくりを心がけています。
また異分野の職人や作家たちとのコラボレーションによってインテリア・バッグなど実用品にもその技術を生かした商品を作っています。

京もの認定工芸士会 響 会員
京都呉服金箔加工
二鶴工芸
上仲昭浩

1969 京都生まれ
   高校卒業後7年間金彩工芸士の元橋宏太郎に師事
   後、家業である呉服金箔加工 二鶴工芸に入社。
1998 京都府工芸技術コンクール 帯 裂取金唐革 入選
   新・京ものコンペティション テーブルセンター入選
1999 京都府工芸技術コンクール 帯 松皮取金唐革 入選
2000 京扇子図案コンクール 銅賞
2001 京扇子図案コンクール 銀賞
2002 扇子うちわFADC 入選
2003 京展 着物 満天 入選
2004 京展 着物 月影 入選
2006 京都デザイン優品 ショルダーバッグ入選
2008 京の若手職人 京もの認定工芸士
2015 H27年度 全国伝統的工芸品 公募展 作品展
   デニム製 角帯 七宝 入選
2016 京都府クラフト・コンペティション 審査員奨励賞 受賞
  竹節酒器セット(柴田恭久氏とのコラボ)

 
税込¥10,000以上の商品をご購入の場合は送料無料にさせていただきます。
私の動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=STSBImWAz9o

10月は下記日程の展示会に出展します。
昨年と同じく「京もの認定工芸士」のユニットである「京もの倶楽部」で合作を出展します。
京友禅の私、上仲昭浩、同じく京友禅の弟の上仲正茂、京漆器の太田勲、京竹工芸の細川秀章、京焼・清水焼の柴田恭久の5名でのユニット「京もの倶楽部」
今回は京友禅の私、上仲昭浩と京友禅の上仲正茂・京漆器の太田勲の3名での作品です。
昨年の作品は画像の「読書セット」で「着流し姿の男性が公園や鴨川のような場所でお酒を嗜みながら読書」というテーマで制作したセットものです(京友禅 上仲昭浩・京友禅 上仲正茂・京竹工芸 細川秀章・京焼 清水焼 柴田恭久)
今年はこの作品を踏襲し、併せて使えるアイテムを加えた着流しシリーズ第二弾「ほろ酔いセット」になります。
私は角帯、上仲正茂は男物着物、太田勲は酒器セットです。
是非、お立ち寄りください。
京もの認定工芸士 二鶴工芸 上仲昭浩

京の名工展

京都府伝統産業優秀技術者の作品と京の若手職人「京もの認定工芸士」の作品の展示
会場:京都府京都文化博物館 5階
期日:10月24日(水)~28(日)
時間:AM10時~PM6時まで(最終日PM4時まで)
入場:無料

※各日、京の名工による列品解説や制作実演・制作体験もあります。
※会場内では呈茶席を御用意しております(一席500円)
※着物を着用の方は各日先着20名様に呈茶券をプレゼントします。


詳細:http://www.pref.kyoto.jp/senshoku/news/h30meikouten.html